イマキミ!

「イマキミ!」は「今君が立っている場所は昔私が立っていた場所だ」の略語

【ゲームデバッグ】バグ出しバイトで永遠ゲームした感想!

ゲームデバッグの感想!

f:id:ko-udon-sc50:20200606180308j:plain

こんにちは!

今回は「ゲームデバッグ」という仕事をやった感想を書いていきます!

 

いわゆる「バグ出し」なんて呼ばれることもありますね!

短期のバイトで働いた感想になります!

 

スポンサーリンク
 

ゲームデバッグってどんな仕事?

 

ひたすらゲームをします。

黙々とゲームをし続けて、その中でバグが無いか確認したり、仕様書通りの動きをするか確認したりしました。

 

ゲームのハードも様々です。

PS4やSwitchもあればスマホのゲームもあります。

発売前の新作ソフトもあれば、スマホアプリなどでは既存タイトルのアップデート前のデバッグもありました。

 

本当に黙々とゲームをし続けます。

1日8時間なら8時間、その間は黙々とゲームをします。

もちろん普通の仕事と同じで、リーダーの人とやりとりしたり分からないことは周りに聞いたりもします。

ですが基本的には雑談もそんなになく、全員黙々とゲーム(仕事)をするという環境でしたね。

 

 

どんな人が働いてるの??

 

もちろん働く職場で変わりますので、あくまで私が働いた職場の話です。

 

ゲームの案件ごとにチームになって働いていました。

案件の規模によって5人くらいのチームから20人くらいのチームもありました。

その中にリーダーの人がいて仕事の進み具合を確認しながら、割り振りをしたり様々な調整をしていましたね。

 

働く人のほとんどはアルバイトかパートでした。

リーダーの人たちは社員って感じでしたね。

その中に自分みたいな短期のバイトや派遣も多くいました。

繁忙期などは人が足りないようで、その日だけの派遣とかも入ってました。

 

そして働く人たちは、やっぱりゲームが好きな方が多かったです。

派手で賑やかな人というよりは、大人しい雰囲気の方が多かったですね。

実際に働いてて隣の人に分からないところなどを聞いた時は、みなさんちゃんと教えてくれました。

体育会系のゴリゴリとかはまずいません。(笑)

仕事でゲームをしながらも、新作ゲームの発売日には「帰りに買って帰る~」とか話してましたね。

 

 

どんな人が向いてる仕事?

 

まずゲームが好きな人であれば、仕事が苦になることはないと思います。

本当に黙々とゲームをし続けますので、それが向かないなと思う人にはつらいと思います。

ゲームをすると言っても、自由に遊べるわけではありません。

仕様書に従ったり決められた条件を何時間もプレイすることもありますので注意が必要です。

 

また守秘義務も厳しいです。

発売前のゲームなどをプレイすることになりますので、守秘義務などについてはかなり厳しく言われると思います。

なのでこの記事もゲームの具体的なことは書けません。(笑)

 

また職場環境としては屋内でずっと座って仕事をします。

冷暖房も完備なので体力的には楽だと思います。

必要なのは肉体よりも精神的な体力ですね。

また目も酷使することになります。

運動不足にはなる環境ですね。(笑)

 

私は普通にゲームをするくらいのライトゲーマーですが、案外楽しく仕事をすることができました。

工場などの黙々と作業する仕事は苦手でしたが、ゲームデバッグの仕事は苦じゃなかったですね。

けっこう時間もあっという間に過ぎた気がします。

ただ難しい条件の確認のために、1日中同じステージをプレイし続けた時はさすがに疲れましたね。(笑)

 

またパソコン操作については特に詳しくなくても大丈夫です。

ローマ字入力が出来れば何とかなります。

分からないことは聞いて確認しながら進めますので安心してください。

 

また繁忙期には残業などもしているようでした。

決して強制ではなく「残れる人は協力してください」というスタイルでしたね。

時給はわりと安めのところが多いです。

 

スポンサーリンク
 

さいごに…

 

私は短期の仕事だったので、とても面白い経験になりました。

毎日ずっと働くとしたら外の空気が恋しくなってしまいそうです。(笑)

短期で働く仕事としては、珍しくて面白い仕事だと思います!

 

興味のある方はぜひ検討してみてください!

 

こちらの記事もどうぞ!

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog