エンタメの宇宙を旅しよう

「イマキミ!」は「今君が立っている場所は昔私が立っていた場所だ」の略語

【名探偵コナン「紺青の拳」】犯人ネタバレ!映画のあらすじは?(こんじょうのフィスト)

映画名探偵コナン「紺青の拳」ネタバレ!あらすじ!

f:id:ko-udon-sc50:20190415031025j:plain

2019年4月12日金曜日に劇場版「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」が公開されました!

公開翌日の土曜日にさっそく見てきましたので、あらすじやネタバレを書いていきます!

ネタバレしたく無い方は注意してくださいね!

 

スポンサーリンク
 

まずはざっくりとしたあらすじを!

 

ではまずはざっくりと映画のあらすじを書いていきます!

 

今作の映画の舞台はシンガポール。

有名な観光地のマーライオンやマリーナベイサンズホテルが出てきます!

もはや映画ではお馴染みになりましたが、マーライオンは吐血するしマリーナベイサンズは爆破されます。(笑)

 

ではここからざっくりと映画のあらすじです。

 

シンガポールで空手の世界大会が行われます。

大富豪のジョンハン・チェンが主宰し、優勝賞品は世界的な大宝の「紺青の拳」。

日本人の最強空手家の京極真は、女性弁護士のシェリリン・タンがスポンサーとなり大会に招待されます。

 

ホテルの上階で話をする元警察で今は民間警備会社経営の犯罪行動心理学者レオン・ローとシェリリン。

話はまとまらずシェリリンは何者かにエレベーター内で殺害されます。

その後シェリリンの車は爆破されホテルは停電してしまいます。

警察の現場検証中にレオンの元にレオンの弟子で予備警察官のリシ・ラマナサンが登場、そこでエレベーターの中で怪盗キッドのカードが見つかります。

 

小五郎と蘭と園子は京極に招待されたのものの、新一としてのパスポートしか持たないコナンはシンガポールに行くことができません。

灰原に新一に戻る薬をねだるが拒否。

あがさ博士宅からの帰り道蘭に変装した怪盗キッドに襲われ気を失い、気が付いた時にはキッド特製の特殊なスーツケースに入れられシンガポールに連れてこられていました。

そこで新一に変装したキッドや蘭や園子たちに見つかったコナンは、蘭に名前を聞かれとっさに「アーサー平井」と名乗ります。

(そこから先映画内ではコナンはずっとアーサー君と呼ばれます!名前の由来はネタバレで)

 

怪盗キッドは宝石「紺青の拳」を狙って新一に変装しシンガポールに来たものの、その背後で何やら事件の予感があるということでコナンを連れてきたのでした。

キッドの協力がなくては日本に帰ることも出来ないコナンは、不本意ながらキッドや蘭らと行動を共にします。

 

その後一行はレオンやレオンの秘書のレイチェル・チオング、レオンのボディーガードで空手の大会での京極のライバルであるヘッズリ・ジャマルッディンらと出会います。

ちなみにレオンの警備会社は空手の大会における紺青の拳の警備を担当しています。

昼間に新一として紺青の拳の保管金庫を見学したキッドは、夜にその金庫から紺青の拳を盗みに入りますが失敗。

キッドの行動はレオンに読まれており、警備の厳重さとその場で対決した京極の強さを痛感します。

 

翌日大会開催日、紺青の拳は大会会場内の金庫へと移動されます。

そこでも新一として金庫の見学をしたキッドは紺青の拳を盗みに入りますが、そこで秘書のレイチェルも何者かに殺害され、キッドはその事件の犯人へと仕立て上げられてしまいます。

また盗みは失敗し、逃亡の際に警官に鉄砲で撃たれ怪我をしてしまいます。

 

京極は大会を順調に勝ち上がっていましたが、園子との食事中に不良たちに絡まれた園子を助けきることが出来ずに怪我をさせてしまいます。

怪我をさせた責任感とレオンの巧みな話術によって京極は大会を棄権、優勝はレオンのボディーガードのヘッズリに決まります。

 

大会が終わった夜、1隻の大型タンカーがマリーナベイサンズがある港へと突っ込んできます。

一連の事件の犯人、そしてその黒幕へと辿り着いたコナンとキッドは犯人と対決。

京極はヘッズリと対決し勝利。

またコナンとキッドはその後黒幕とも対決し、マリーナベイサンズホテルは爆破されるものの何とか事件を解決することが出来ました。

 

以上がざっくりとしたあらすじになります!

後半特にざっくりです。

なんせストーリーも事件も複雑なんですよね。

犯人と別に黒幕もいたりしました。

 

詳しくはぜひ劇場でお楽しみください!

アクションシーンやら爆破シーンやら、毎度おなじみですがもうめちゃくちゃです。

制作チームはシンガポールになんか恨みでもあんのかってくらい街も破壊しています。(笑)

コナンは不法入国してるし。(笑)

 

ではでは、ここから映画のネタバレです!

ネタバレ見たくない方は要注意です!!!

 

スポンサーリンク
 

紺青の拳ネタバレ!!

 

ストーリーはあらすじにざっくり書いた通りです。

今回の映画の中で起こる殺人事件は2件です。

弁護士のシェリリンと秘書のレイチェルの2人が亡くなります。

この一連の事件の犯人はレオンです。

 

とは言え映画の中でレオンが犯人であるという描写もあります。

最初のシェリリンの事件の時なんて、その場にいた登場人物はレオンだけですからね。

多分レオンがやったんだろうけどアリバイが、って感じ。

映画を見る側としては、「多分レオンが犯人なんだろうけどトリックはどうやったのかなー」という感じで見る人も多いと思います。

 

紺青の拳を手に入れたいレオンは、自分のボディーガードのヘッズリを何としてでも優勝させたい。

そこでヘッズリのライバルになる京極のスポンサーについたシェリリンを殺害し京極の出場を妨害。(ただ京極は鈴木財閥がスポンサーになり出場)

また裏で悪いことをしているのを知っていて、それを我慢出来なくなり小五郎に相談しようとした秘書のレイチェルを殺害したのでした。

 

犯人はレオンですが、実は黒幕はリシ。

レオンが手下にしていた海賊たちをさらに買収し、紺青の拳よりもお金を得ることの出来そうな鈴木財閥令嬢の園子を狙います。(身代金)

園子が不良に絡まれるのはこいつのせいです。

人の良さそうな顔して悪い奴です。

リシのお父さんは紺青の拳が眠っている沈没船を発見した人で、ただそれが原因でレオンによって事故に見せかけて帰らぬ人にされていたのでした。

 

レオンはレオンで、自分の描いた街をどうしても創りたいが今の自分の実力ではまだそれは出来ないということで、強引に街を破壊して自分の理想を掲げようとします。

その街を破壊するために海賊らの力が必要で、その釣りにする為に紺青の拳が必要なのでした。

ただ金で動くのが海賊達です。

「鈴木財閥令嬢の身代金」によってリシに買収されてしまいました。

 

事件のネタバレはこんなもんでしょう!

登場人物はそこまで多くありませんが、人間関係や事件との関りがちょっと複雑ですね。

1回見ただけでは分かりにくいと思った方もいると思います。

2回目見るのもありかもしれません!

 

 

コナンはなぜ「アーサー平井」と名乗ったのか

 

シンガポールに不法入国したコナン、蘭らと最初出会った時に名前を聞かれます。

新一から体が小さくなり博士の家で蘭に名前を聞かれて「江戸川コナン」と名乗った瞬間がフラッシュバックします。

コナンの由来はアーサー・コナン・ドイル。

江戸川乱歩の本名は平井太郎。

そこで「アーサー平井」と名乗ったのです。

 

アーサー平井としては、変装なのか少し日焼けした顔のコナンでした。

いやでもさすがに気付くだろって感じですが。

その後普通に一緒に行動してるし。(笑)

この点に関してはあまり突っ込まないでおきます。

 

 

映画の見所!

 

今作に関しては、推理どうこう事件どうこうってよりは、怪盗キッドとコナンの協力かなと自分は思います。

過去作において部分的に協力することのあった2人ですが、今作では最初からずっと2人で事件に向かっていきます。(まぁコナンはキッドのおかげで不法入国してますのでね)

お互い探偵として泥棒として、時には協力しながら事件にそれぞれ向かっていく姿は見所です。

またキッドがキッドらしからぬ犯人の罠にはめられるシーンも多いです。

ここもキッドの人間らしさを感じる、今までの作品にはあまり無かった瞬間かなぁと思います。

 

あとはやはり京極真じゃないでしょうか。

この映画では主役です。

京極ファンは嬉しい映画です!

 

スポンサーリンク
 

おわり!!

 

劇場版名探偵コナン「紺青の拳」は以上です!

 

今作はコナンとキッド、京極真がメインです。

アクションシーンなんかはもはやドラゴンボールです。

街の破壊は例のごとく天災級です。

途中で「自分はいったい何映画を見ているんだろう」とふと思いました。(笑)

 

個人的には少年探偵団の出番が無かったのが残念ですね。

灰原はいつもの通り、事件の関係者を調べたりと協力してくれました。

コナンにあきれながらも良い表情してましたね。

 

また次回作も楽しみです!

 

 

こちらの記事もどうぞ!

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog